So-net無料ブログ作成

試し撮り [野鳥]

スッキリしない天気の週末でした。2週間前に届いたまま放置されていたレンズ( LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm )の試し撮りをしました。撮影場所は大柏川。


01.jpg
気温が低かったせいか鳥の動きが少ない・・・最初に現れたのはアオサギ。





02.jpg
ダイサギ×2と思っていましたが、写真を拡大したら左はチュウサギでした。準絶滅危惧種ですが、意外と見かけます。





03.jpg
春のサギ類は飾り羽が伸びて美しい。





04.jpg
コガモはいっぱいいました。まだ冬羽がきれいです。そろそろ旅立ちでしょうか。





05.jpg
おなじみカルガモ。





06.jpg
20メートルほど離れた場所からアオサギ。30分くらいこの姿勢でした。





07.jpg
コガモ♂。太陽が顔を出して光量が増えました。





08.jpg
コガモ♀。普段は隠れている緑色の風切り羽が見えました。





09.jpg
ほとんどの写真をGX1のEXテレコンONで35mm換算700mm、手持ちで撮影しました。1眼レフに300mm単焦点望遠レンズ+テレコンを付けると2キロを軽くオーバーしますが、重量は1/4。レスポンスは非常によく、テレ端でも色乗り・解像感に不満はありません。何より軽くて小さくて持ち運びが苦になりません。技術の進歩に驚くばかりです。

コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

三番瀬(秋の渡り鳥) [野鳥]

東京湾最奥部にある三番瀬は、都会に残された貴重な自然です。
春秋の渡りのシーズンには多くの野鳥の中継地となります。
撮影日時は9月29日午前8時。


01.jpg
雨の後で空気が澄んだのか、東京湾を挟んで富士山が見えました。





02.jpg
干潮は午前10時、潮が引いて現れた干潟に鳥が集まってきます。
以前はこんなにウミネコを見ることは少なかったのですが、近年増えたのでしょうか。





03.jpg
一番多いのはトウネンかと思いましたがミユビシギでした。
ハマシギも数羽。奥にアオアシシギとオオソリハシシギ。





04.jpg
干潟の汀線が餌場となるようで、潮の動きに合わせて群れも移動します。
ウミネコも一緒にいますが餌を捕っている様子もなく休憩中?





05.jpg
ウミネコの中にセグロカモメが1羽混じっていました。





06.jpg
ミユビシギが一斉に飛び立って干潟を移動しています。数百羽の群れでした。





07.jpg
波に洗われた貝殻。





08.jpg
浜辺には秋の野草が咲いていました。小さな野菊、ヒメジョオン。





09.jpg
オオマツヨイグサ。宵待草の名の通り夕方になると開花します。
2012年の中秋の名月は9月30日でしたが、台風でお目にかかれませんでした。





10.jpg
自分の影を撮ってみた。





11.jpg
こちらはコマツヨイグサ。砂地に群生していました。





12.jpg
ツユクサの青は染料につかわれたそうです。





13.jpg
9月末にしては強い日差しでしたが、澄んだ空気は秋の空でした。
コメント(4) 
共通テーマ:旅行

秋の渡り ~三番瀬から~ [野鳥]

渡りの最盛期は逃してしまいましたが、秋の三番瀬を訪れてみました。

01.jpg
満潮時刻は午後1時、天候は午前中晴れの予報だったので10時半頃から観察開始。





03.jpg
小群で干潟を歩き回るトウネン。





04.jpg
波に洗われた貝殻ひとつ。





05.jpg
オオソリハシシギとコサギ。





07.jpg
波打ち際の紋様。





02.jpg
渡り鳥ではないけれど、ウミネコ。





06.jpg
貝殻を持ち上げたら住人が・・・。





08.jpg
海浜公園内には朝顔。9月中旬とはいえ夏の空で暑い一日でした。

(2013/9/22)

コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。