So-net無料ブログ作成
癒しの散歩道 ブログトップ
前の3件 | -

谷中散歩 [癒しの散歩道]

谷中は江戸時代より上野の寛永寺の分院が建ち始め、門前町・景勝地として賑わいました。空襲の被害を免れた地域には江戸と戦前の面影が残されています。


01.jpg
日暮里駅の西口から歩き始めました。いつの間にこんなマンションが建ったのでしょう・・・





02.jpg
駅の近くにある経王寺です。日蓮上人が作ったとされる大黒天が祀られています。この山門には明治維新の上野戦争で被弾した跡が残っています。





03.jpg
経王寺の角を曲がり諏訪台通りを歩いてみると、戦前の建物がわずかに残っていました。この道の途中に都内では数少ない「富士山が見える」富士見坂があります。





04.jpg
諏方神社です。1202年に創建されたとされる古い神社です。東西に見晴らしのいい場所で、江戸時代は景勝地として人気があったそうです。右の崖の下に西日暮里駅があります。





05.jpg
諏訪台通りを来た方向に戻り、谷中の町内に入ります。





07.jpg
このあたりは鶯谷と呼ばれる場所があり、旧町名の「谷中初音町(やなかはつねちょう)」は鶯の初鳴きにちなんだ名前だったそうです。





06.jpg
ここは観音寺。この寺の修行僧が赤穂浪士の兄弟であったため、度々この寺で会合を行っていたとか。本堂手前の石塔は、四十七士の供養塔として伝えられているものです。





08.jpg
観音寺の築地塀です。瓦を土で固めたもので、1800年頃に造られたものだそうです。
ちょっと路地に入ってみました。




09.jpg
ニャン?!





10.jpg
・・・昼寝中だったようです。起してしまってスマン。





11.jpg
谷中の隣町、上野桜木にある旧吉田屋酒店です。元は谷中6丁目にあった建物をこの場所に移築し、上野公園にある下町風俗資料館の別館として公開されています。





12.jpg
上野桜木の町も戦災を免れたのか、古い建物が残っていました。旧吉田屋酒店の近くにある老舗の和菓子屋です。大正時代の建築でしょうか、立派な看板です。





13.jpg
言問通りを少し歩き、再び谷中の方へ曲がります。10歩進めば隣の寺に着くほど、寺院が多い場所です。周囲に高い建物もなく、都心の風景には見えません。





14.jpg
15.jpg
昭和20年の東京大空襲で上野公園を囲うように焼夷弾が投下されましたが、谷中では奇跡的に被害を免れた場所がありました。狭い路地に戦前の東京の面影が残っていました。





16.jpg
団子坂下から不忍通りを南に歩くと、この日の散歩の終点、根津神社です。日本武尊が創建されたとされる東京で最も古い神社の一つです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

新緑の真間山 [癒しの散歩道]

5月21日に訪れた真間山・弘法寺(ぐほうじ)です。この翌週から関東も梅雨に入ってしまいました。おかげで、以前から作ろうと思っていたブログを始めることができました。






no-title
京成線の国府台駅から歩いて10分、参道の終点の薄暗い石段を登ると仁王門の前に出ます。3月11日の震災で燈籠が倒れてしまいました。





no-title
青モミジが一番映える季節。紅葉も楽しみです。





no-title
手入れが行き届いた雑木林は明るく、気持ちの良い風が吹いていました。景勝地として万葉集にも詠われた真間山にはいくつかの歌碑が建っています。





no-title
一番高い場所には鐘楼堂があります。真間山は明治時代に大火があり、多くの建物が焼失しましたが、仁王門と鐘楼堂は無事だったそうです。鐘楼堂の土台を覗いてみると、耐震のため鉄骨で補強されていました。





no-title
新しい祖師堂です。ピカピカで見慣れないせいか違和感がありました。数十年経てば落ち着いた佇まいになるのでしょうか。





no-title
普段は訪れる人も少ない、静かな場所です。
 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

佐倉の町を散策1(大佐倉駅~佐倉城下町) [癒しの散歩道]

梅雨入り前の最後の日曜日、佐倉の町を散策しました。






01.jpg
午前8時半、京成線の大佐倉駅で下車しました。秘境駅と呼ばれていますが、駅の近くには住宅もあり、1時間に3本の電車が走っています。とはいえ、ホームの後ろには緑が覆い被さるように迫っているので、ローカルな雰囲気です。





02.jpg
大佐倉駅の近くにある麻賀多神社への産土(うぶすな)裏参道です。大佐倉駅の南には本佐倉城跡があり、寺社が点在しています。江戸時代半ばに佐倉城が築城されると本佐倉城は廃城となりましたが、市街地から離れているためか城郭の地形は手付かずのまま残され、国指定の文化財となっています。





03.jpg
長い階段を上り、鎮守の杜を歩いていくと神社がありました。地元のおばちゃん達が手入れに来ているようでした。





04.jpg
里山の風景の中を歩いて行きます。





05.jpg
ウグイスの声を聞きながら歩いていくと、八幡神社の真っ赤な鳥居が目に止まりました。





06.jpg
300mも続く杉並木の参道を歩いていくと、木洩れ日の向こうに小さな神社。





07.jpg
八幡神社から数分歩くと、成田街道の旧道に出ました。現在の成田街道(国道296号)は南側を迂回しているので、旧道の交通量は少なく比較的歩きやすい道です。





08.jpg
街道沿いの小さな神社。





09.jpg
佐倉の城下町が近づいてきました。本町の交差点脇にある佐倉順天堂記念館です。現在の順天堂大学のルーツとなった医学塾で、天保14年(1843年)に創設されました。





10.jpg
建物の一部が記念館として公開されています。中には当時使用された手術用具などが展示されていました。





11.jpg
町の中心に向かうにつれて、街道沿いに古い建物が増えてきました。





12.jpg
重厚な見世蔵と板塀の袖蔵。有形文化財の三谷家住宅です。伝統的な商家の店構えです。





13.jpg
成田街道は佐倉城の手前に大きな枡形があります。2階の窓がレトロな雰囲気。





14.jpg
古い商店にあつらえたような丸いポスト。最近は見かけなくなりました。

『佐倉の町を散策2(武家屋敷~佐倉城跡)』に続きます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | - 癒しの散歩道 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。