So-net無料ブログ作成

ジオラマ写真を作る3 [ジオラマ写真を作る]

クリックして拡大するとジオラマ度が増します(笑)

R0010530_ミニチュア.jpg
JR市川駅前のアイリンク展望台から。以前はたくさんあったガスタンクも2つほどに減っていました。周囲は工場地域から住宅地へ変わってきているので、そのうち無くなってしまうかな?





砂浜.jpg
千葉ポートタワー展望台から人工砂浜を撮影。人はもちろん本物ですが、ミニチュアの人形を置いたような写真になりました。

nice!(0)  コメント(2) 

ジオラマ写真を作る4 [ジオラマ写真を作る]

ジオラマ写真の続きです。

駐車場.jpg
千葉ポートタワーの駐車場。ここは埋立地ですが周りの緑が多いです。





公園.jpg
千葉ポートパークです。公園で遊ぶ人が良いアクセントになりました。

nice!(1)  コメント(2) 

下総国分寺 [癒しの散歩道]

遠出をしなかった3連休、近所の史跡を散策しました。近いからいつでも行けると思っている場所ほど、なかなか行けないものですね。






02.jpg
京成電鉄市川真間駅から徒歩10分ほどのところにある六所神社。道標に「府中」の文字は、7~8世紀頃この地に下総国の国府が置かれたため。




01.jpg
境内のイチョウはまだ青々としていましたが、木の下には銀杏がたくさん落ちていました。あと一か月したら黄色に染まるでしょう。





03.jpg
六所神社から10分ほど歩き、高台に続く階段を上っていきます。





04.jpg
階段の先には国指定史跡、下総国分寺跡があります。奈良時代に全国60か所に配置された国分寺のひとつで、国分僧寺と国分尼寺の発掘・保存が行われました。近所でも初めて訪れる名所は旅気分が出ますね(特に天気が良いと!)





05.jpg
鮮やかな朱塗りの南大門は、明治時代に焼失したのを最後に長い間再建されませんでしたが、昭和53年に現在の境内の敷地に合わせた規模で復元されました。鎧瓦は境内から出土した天平時代の瓦を、鬼瓦は韓国慶州から出土した新羅時代のものを参考に復元されたそうです。





06.jpg
下総国分僧寺は法隆寺様式の伽藍配置だったとされ、建築物の遺構が発掘されています。出土した礎石は境内の数か所に、敷地の都合か当時の配置とは無関係に置かれていました。





07.jpg
現在は國分山國分寺という寺院の境内となっています。本堂の瓦も南大門と同じ復元瓦が使われて、大変美しく整備されています。





08.jpg
日枝神社。国分寺の周囲にはいくつかの寺社が密集しています。





09.jpg
道には史跡の案内板がありますが、入り組んだ狭い道が多くて迷子になりそうです。地図も設置してほしいですね・・・。





10.jpg
道端の庚申堂。このあたりには広い畑も残っています。





11.jpg
12.jpg
下総国分尼寺跡に着きました。こちらは芝生の公園になっていて、建物の礎石のあった場所にモニュメントが置かれています。このまま芝生の上で昼寝をしたくなるような秋晴れでした。





13.jpg
国分尼寺跡から坂を下って15分ほど歩くと「じゅんさい池緑地」です。戦前は天然のじゅん菜が採れたそうですが、環境悪化によって絶滅し、公園として整備された後に栽培が行われています。





14.jpg
じゅんさい池緑地を出て坂を登り、松戸街道を超えると斜面林に出ます。林の中の小さな神社は飛地天満宮。


続きます。

nice!(0)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。