So-net無料ブログ作成

谷津干潟ウォークラリー(春の鳥と花) [野鳥]

01.jpg
GWの後半、谷津干潟ではウォークラリーが開催されていました。自然観察センターでスタンプ台紙を受け取り、干潟1周コース(3.5キロ)へスタート!





01a.jpg
ハコネウツギ。白い花は咲き始めで、徐々に紫色に変化していきます。





03a.jpg
干潟一帯は鳥獣保護区。アオサと呼ばれる海藻に覆われて緑色に見えます。夏はこれが腐敗して悪臭を放つので問題になっていますが、根本的な解決策はまだ無いようです。5月初旬のこの日でも風下にあたる干潟の北側はかなり臭いました。10年くらい前は全面緑色になるほどではなかった気がします。





04.jpg
チュウシャクシギ。大きくて割と数が多いので目立ちます。





06.jpg
動きが遅いオオソリハシシギと、よく動き回るキアシシギ。オオソリハシシギはこの1羽しかいませんでした。





06a.jpg
ハマナス。干潟周辺の散策路には海岸近くで咲く花が植樹されています。





02.jpg
スズガモの雌。ラッコみたいに水面をグルグル回っていました。





07.jpg
自生のマツバウンラン。





08.jpg
カワウ。彫刻のように動かない・・・





09.jpg
ウォークラリーのスタンプ台。干潟1周コースに参加している人は少ないようです。ここは谷津遊園跡地で、現在は芝生広場と雑木林になっています。





10.jpg
鳥が種を運んできたのか、ハマニガナが1輪だけ咲いていました。





11.jpg
ウォークラリーを終えて、自然観察センター内の干潟茶屋で遅い昼食。淡水池に面したテーブルには高性能な双眼鏡
が置いてある"バードウォッチング・カフェ"。





12.jpg
すぐ近くまでセイタカシギの雄がやってきました。





13.jpg
こちらは雌。セイタカシギは谷津干潟の淡水池で繁殖しているので、間近に観察することができます。



フィールドノート(2014/5/3)
チュウシャクシギ、オオソリハシシギ、キアシシギ、キョウジョシギ、セイタカシギ、メダイチドリ、ハマシギ、ダイゼン
ダイサギ、アオサギ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、スズガモ、カワウ、オオバン、ツバメ
[ペン]

コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 4

makimaki

訪問しました
by makimaki (2014-05-10 11:12) 

mari

tabidoriさん、こんにちは!
ハコネウツギ。
徐々に色が変わっていくんですね。
いろんな色を楽しめるお得なお花ですね^^
by mari (2014-05-10 12:38) 

tabidori

>makimakiさん

ご訪問ありがとうございます!
by tabidori (2014-05-12 11:48) 

tabidori

>mariさん

こんにちは!
ハコネウツギ、最初は2種類の木の花が咲いているかと
かと思ったのですが、木の説明版に咲き始めてから徐々に色が変わる・・・
と書いてあり、へえぇ~!と。

春はいろんな花に出会える季節ですね^^

by tabidori (2014-05-12 11:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。